医師紹介

診療理念

◎常に最新の知識や技術を学び、ガイドラインを遵守した診療を心がけてまいります。

◎地域の皆様が住み慣れた地域で健康寿命を延ばしていけるように、支えてまいります。

◎患者さんはもちろん、スタッフやその家族まで幸せにできるようなクリニックの運営を目指します。

厚別ひばりクリニック スタッフとの集合写真
犬と暮らすイラストレーター セツサチアキさんのイラスト

院長挨拶

厚別ひばりクリニック 院長 野崎 浩司

書 筆耕アーティスト 道口 久美子

2020年(令和2年)10月1日に開院しました、厚別ひばりクリニック院長の野崎浩司です。

私は1995年、医師人生のキャリアを手術中の患者さんの生命を守る麻酔科医としてスタートしましたが、その後はドクターヘリを運用する救命救急センターでの勤務や、救急総合診療部門の開設責任者として、呼吸や心臓の異常や感染症に対する診断と治療、ケガの処置など、重症軽症・老若男女を問わず幅広く診療をおこなってまいりました。そんな多忙な毎日の中で常に感じていたのは、

救急に訪れる方を1人でも少なくするには、どうしたら良いのか?

ということでした。

その後は自身の脊柱管狭窄症の悪化から、救急・総合診療の現場からしばらく離れておりましたが、50歳を迎えて

「医師人生の残り25年、地域住民の健康を守るために、プライマリ・ケア(病気やケガの初期対応、予防医療、健康診断など)やペインクリニック(痛みやしびれの治療)、リハビリテーションを組み合わせてお手伝いをしたい」

と考えるようになり、開業を決意いたしました。

地域の皆さんが健康に関することでお困りの時、

「診療科に関わらず、気軽に相談できる『かかりつけ医』としての役割」

を、しっかりと果たしていこうと思っております。
お困りの際には、どうぞお気軽にご来院くださいませ。

厚別ひばりクリニック 院長 野崎 浩司

略歴

  • 1995年 旭川医科大学 医学部 卒業
  • 1995年 旭川医大病院 麻酔科蘇生科(研修医)
  • 1996年 旭川医大 麻酔・蘇生学講座(助手)
  • 2000年 市立札幌病院 救命救急センター
  • 2002年 旭川赤十字病院 麻酔科、救命救急センター
  • 2004年 旭川医大病院 集中治療部(助手)、救急医学講座(助手)
  • 2007年 琉球大学医学部附属病院 救急部、高気圧治療部(助教)
  • 2008年 ハートライフ病院 救急総合診療部(副部長)
  • 2011年 浦添総合病院 救命救急センター(副センター長)
  • 2013年 北海道医療センター 救急科(医長)、臨床教育研修部(副部長)
  • 2014年 イムス札幌消化器中央総合病院 麻酔科(副部長)
  • 2016年 環状通東整形外科 麻酔科(副院長)
  • 2020年 厚別ひばりクリニック開設

専門医資格

  • 救急科専門医

資格、所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本プライマリ・ケア連合学会
  • 日本臨床内科医会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本ペインクリニック学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本生活期リハビリテーション医学会
  • 日本整形内科学研究会
  • 日本整形外科超音波学会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本在宅医療連合学会
  • 日本在宅救急医学会
  • 麻酔科認定医 標傍医(麻8543号)
  • 日本医師会認定 健康スポーツ医