お知らせ

当院へ「首が痛い」「肩こりがひどい」と言う訴えで来院された方には、頚椎(首の骨)のレントゲンを撮影することが多いのですが、その際、多くの方に認められるのが「ストレートネック」別名、「スマホ首」です。

お仕事でパソコンでの作業が多い方、事務職の方、そしてスマホを使う時間が長い方は、頚椎が本来の湾曲(カーブ)を失い、真っ直ぐになってしまいます。

左がストレートネック、右は本来の湾曲がある正常な頚椎です。
実際のストレートネックの写真です

ストレートネックになると、重たい頭を支える頭〜首〜肩につながる筋肉に負担がかかり、首の痛みや肩、腕の痛みやだるさ、痺れの原因になることがあります。また、緊張型頭痛と言う頭痛やめまい、耳鳴り、不眠の原因になることもあります。

厚別ひばりクリニックでは、ストレートネックによる頚部や肩の症状がある場合、超音波装置を使った肩甲上神経ブロックやハイドロリリースと言う注射をおこなって、筋肉のコリや痛みを軽減させております。(必要に応じて、筋弛緩薬や湿布の処方もおこないます)

それでもあまり改善しない場合には、ストレッチ指導などもおこなっておりますので、頚部や肩こりなどの症状でお悩みの方は、お気軽にお越しください。